メインイメージ
公明党神奈川県本部夏季議員研修会に出席
公明新聞より一部転載 :  2019年9月9日 (月)

地道な活動で信頼築く SNS活用し発信力強化

 公明党の山口那津男代表は7日、横浜市で行われた党神奈川県本部(代表=上田勇前衆院議員)の夏季議員研修会に出席し、党勢拡大に向けて「地道な街頭演説や訪問活動を継続していく中で党への信頼の輪が広がる。日常活動を通じて議員力をさらに高め、党の基礎体力の底上げを図りたい」と力説した。

研修会で山口代表は、今後の党勢拡大に向けた取り組みについて、先の参院選を受け「固定の支持層以外にも、どうやって支持を伸ばしていくかが問われる」と指摘。地道な日常活動に加えて、ツイッターやLINEなどのSNSを活用した議員の発信力を強化する必要性に触れ、今後は党を挙げて党勢拡大に向けたSNSの戦略的な活用に取り組んでいきたいと訴えた。

その上で、公明党の持ち味であるネットワークの力と小さな声を聴く力を存分に発揮し「生活者目線の実績を重ねる公明党のような政党は日本の政治になくてはならない」と強調した。

上田県代表が10月に行われる愛川町議選、11月の海老名市議選の勝利を力説した。

IMG_6456
IMG_6451